ホワイトストーンの愉快な仲間達があなたの来場をお待ちしております!



風野又三郎
ハフリンガー×北海道和種 / セン 栗粕毛
兄貴分のゼファーやファビラスと同じハフリンガー種のマレルが父。父マレルは、金色の毛並みに亜麻色のたてがみと尾を持つハフリンガー特有のとてもきれいな馬。母が道産子なので栗粕毛という毛色だが、たて髪と尾は白い毛で個性的ないでたち。まったく物怖じせず好奇心が一杯で人が大好き。
イチロースワン
サラブレッド / セン 栗毛
父が米国の名種牡馬Miswaki、母の父は、サンデーサイレンスの父と同じHalo。現役時代は、武豊、ペリエなどG1ジョッキーを背に7歳の春まで快速馬として活躍し通算5勝をあげる。2歳時には、「東京スポーツ杯2歳S(GV)」、「朝日フューチュリティS(GT)」にも出走。
杏(あんず)
ハクニー系ポニー×北海道和種 / 牝 鹿毛
北海道和種の肌にポニー種の父がかかっているため、脚さばきが軽く動きがシャープ。アフロヘアーに黒くて大きな瞳が愛くるしい。体は小さいものの小回りが器用で安定感があり、側対歩で反動がないため女性やお子様に最適。時として馬のいななきではなく猛獣のような声で人を驚かすワイルドな面もある。
アランフェス
アパルーサ / 牝 月毛
純血のアパルーサ。繁殖牝馬として供用されていたが、性格とバランスの良い体形を見込まれて北海道の江差よりWSの仲間入り。アパルーサであるが毛色はきれいな月毛で、優しい雰囲気を漂わせる。とても人なつっこく運動も一定のスピードで動き、初心者でも安心して騎乗できる。
エルブランコ
北海道和種 / セン  芦毛
函館のドサンコ牧場より入厩。物覚えが良く、2歳の夏より鞍をつけて人を乗せていた。名前は、スペイン語で偉大なる白という意味で、将来、真っ白くなりWSを象徴する馬に育って欲しいとの願いをこめて命名。。体の柔らかさを生かし、馬栓棒をくぐっての脱走が得意
カノン
アラブ X 北海道和種 / 牝 芦毛
北海道和種の肌に純血アラブをかけた半血馬(F1)。和種の持つ逞しさに洗練されたアラブの美しさと俊敏さがミックスされて、良質の乗用馬になるだろうと期待。クラシックで有名な楽曲「パッヘルベルのカノン」のような優雅な馬を目指す。
ドミニク
アパルーサ系 × 北海道和種 / 牝 栗毛
4分の1アパルーサの血量を持ち、牝馬らしからぬ堂々とした伸びのある馬体はひときわ目を引く。性格はとても穏やかでゆったりした歩様は乗り味抜群で馬場、外乗ともにOK!「ドミニク」は、世界的なヒットソングとなった「ドミニク、ニク、ニク……」というテンポのいい歌詞で始まる曲で、スタンダードナンバーとして有名。
エルドール
北海道和種 / セン 月毛
淡い黄褐色の毛色は優しさを醸し出すが、実際の性格もとても穏やかでゆったりした立ち振る舞い。どの外乗コースも昔から知っているかのように落ち着き払って駈けるので、騎乗者にとって心強いパートナー。速歩は道産子特有の側対歩だが、駈歩は出やすく誰でも安心して騎乗できる。名前のエルドールは体毛の色から連想し、仏語で「黄金の翼」という意味。
ゼファー
ハフリンガー×北海道和種 / セン 栗毛
明るい栗毛はひときわ人目をひき、名前のとおり"そよ風のような爽やかさ"を漂わす馬。馬房からいつも顔をだして、人にぴったりと体を寄せて甘えてくる。北海道の山育ちでハフリンガー種の力強さと逞しさも備えており、乗用馬として高い資質を備えており、ハフリンガー*北海道和種の血の素晴らしさを証明する期待を担っている。
踏 破
北海道和種 / セン 河原毛
紅葉台木曾馬牧場からWSへ来た一番の古株でとうとう30歳の大台。若い頃は、北海道のトロット競走で優勝。名前の由来は山梨から北海道まで人を乗せて旅をしたので踏破(とうは)と命名。側対歩の持ち主で、かつては誰でも安心して乗れるオールマイティーのスーパーホースでWSの至宝。今では悠々自適の隠居生活。歳のせいか頑固になり毎日の放牧と砂浴びが日課でこれをしないと機嫌が悪い。WS開設時からの歩みを知っている数少ない語部として余生を過ごす。
フェリーチェ
クォーターホース×サラブレッド / セン バックスキン
クォーターホースとサラブレッドの半血。瞳の色がブラウンで一見すると外産馬の容貌。気性は穏やかで毛色はクォーターホースの特徴が強く出ているが、馬体や運動能力はサラブレッドの軽快さを備えている。 馬房からいつも顔を出して話しかける。名前のフェリーチェは、イタリア語で幸福を意味する
シ デ ン
サラブレッド / セン 栗毛
競馬で184戦(岩手177戦・JRA7戦)6勝の歴戦の勇士で無事是名馬を地で行く。競馬で頑張った愛馬に対し、今後は乗馬でゆっくり余生を送らせてあげたいと願うオーナーの心遣いでWSへ入厩。
ケ・サラ ( Che Sara )
北海道和種 / 牝  鹿毛
名前の由来は行き詰った時にふと口ずさむ♪ケサラ ケサラ ケサラァ〜♪のメロディから。その意味は「 なるようになるさ(何とかなる)。」何とか戦力になって欲しい願いを込めて命名したところ、予想をはるかに超え今や外乗のエース。速歩は側対歩で駈歩はノーマルにギアチェンジもスムースで初心者でもOK!
幸 雪
北海道和種 / 牝 栗粕毛
WS開設後に入厩し苦楽を共に歩んだ功労馬。ステラを姐さんと慕っておりオーナーよりも順位が上。北海道和種系だが道産子以外の血がうまくMIXされて馬場運動を器用にこなし、障害もスイスイと飛越する。初心者には駈歩の楽しさや乗馬の基本扶助を教えてくれる頼もしい存在。外乗では安定した駈歩で誰が騎乗してもしっかりとその役割を果たす。和種系としては完成の域に達した理想的な馬。
Le jour se le've de Nihei (ルジュールスレーブ)
北海道和種 / セン 鹿粕毛
鹿粕毛の体に憂いを含んだ大きな瞳。そしてボリューム感たっぷりのたてがみや尾は、野性味をいっそう引き立たせる。駈歩の乗り味がとても良く、軽種のようなエンジンを搭載し駈歩を学びたい人からのご指名はNO1。但し、拳が強いと嫌がるのでソフトなタッチで乗ってください。
Largeul de Nihei (ラルジュール)
クォーターホース×木曾系和種 / セン 青鹿毛
クォーターホースと貴重な血脈を持つ木曾系和種との半血。気性はとても穏やかで、のんびりした性格で人なつっこい。名前のLargeur(ラルジュール)は、仏語で心の広さ、おおらかさを意味し、誰からも親しまれる馬に育って欲しいとオーナーが願いを込めて命名
L i z
アラブ×北海道和種 / 牝 栗毛
カノン同様アラブと北海道和種の半血馬。父は、仏からエンデュランス用に輸入したデザートショット号。アラブ特有の洗練された頭部に、すっきりしているが丈夫な4肢の運びは軽快で運動能力は高い。膝のアクションが少ない駈歩はとても乗りやすく、ウエスタンホースの雰囲気も漂わせる。度胸満点で物おじせず外乗の先導は安心して任せられる。
詩織姫
北海道和種 / 牝 栗毛
踏破と同じく木曾馬牧場からクラブ開設時に仲間入り。人間のような思考経路を持っており、自分の事を人間と思っているフシがあり、疲れが溜まると自分で休養を要求することもしばしば。物見をして不安なときは、自分からは行かず他の馬を先にやり、後からついて行く要領の良さもある。外乗のベテランでウエスタンの楽しさを教えてくれる。
ステラ
北海道和種×アパルーサ / 牝 斑毛
アパルーサ紋がはっきり表れ、おまけにまゆ毛までくっきり。一見、無愛想に見えるが人なつっこくて、いつも顔を出しては
構ってくれと催促する姿は茶目っ気たっぷり。体は細身だが、生真面目で反撞の少ないとても乗りやすい馬でタフネスが売り物。ウエスタンホースとして、外乗では安心して任せられる。
桜  香(さくらこ)
北海道和種 / 牝 河原毛
函館より27頭の牛と乗り合わせでやってきた異色のお嬢さん。道産子によく見られる典型的な明るい河原毛で器量よし。体はやや小ぶりだが、肝っ玉はでかい。側対歩の持ち主で歩様は軽快。騎乗すると従順な動きで、初心者でも安心して駈歩ができるので、トレッキングに最適。
シャンス
ハフリンガー×ウェルッシュ・マウンテン・ポニー / セン 栗毛
ゼファー・ファビラス・アリュールと同じハフリンガー種マレルの子だが、母がウェルッシュ・マウンテン・ポニーに変わり、違ったタイプに出ている。軽快さに富んだ肢裁きはリズミカルで、理解力が高く楽しみな逸材。尾花栗毛の美しく輝く馬体は、見た者を惹きつけて離さないアイドル候補。
ウラノス
北海道和種 / 佐目毛
 北大静内研究牧場の生産馬、毛色の佐目毛は、その希少性から珍重され吉兆の証しとして神社などに奉納されることもある。軽快な斜体歩の駈歩ができ、20qと40qのエンデュランスも完走した経験を持つ万能ドサンコ。父はWSのNo1ドサンコのベレノスと同じ秀王号で、血の持つ不可思議さを感じる。
ニーノ
アパルーサ / 牝  駁栗毛
アランフェスの仔でディーバやアリゾナコルトの半姉にあたる。母同様に父もアパルーサで、毛色は茶と黒の水玉模様が
くっきりと散りばめられて、カルピスのラベルの様相。気性はとても従順で賢く、どの外乗コースもすべてお任せ。
ニーノの名前はイタリア語で「かわいい子」を意味する。
ディーバ
クォーターホース x アパルーサ /   栗毛
名前のディーバは、全世界に認められた至高の歌姫に贈られる称号で、正にWSの屋台骨を背負う逸材。
母はWSで活躍しているアパルーサ種のアランフェスで、体型もそっくり。ウエスタン競技やトレッキングでその能力を発揮しそう。おっとりした性格で学習能力も高く、金色に輝く尾花栗毛の馬体はスター性抜群で母の血を継承してほしい。
ピクシー
アラブX北海道和種 / セン  鹿毛
アラブらしさが増し、品のある雰囲気を漂わせ将来どれだけ変身するかが楽しみ。人が大好きで額に浮かんだ星がチャーミングで愛らしい馬。おとぎ話に登場する悪戯好きの小さな妖精の名前からピクシーと命名。
ケイン
ラブラドール・リトリーバー / オス
英国血統のラブラドールだが、その行動からはそのかけらは感じられない。あまりの無邪気さのため、警察犬訓練所入りした前科を持ち、その時に家庭犬中級資格を取ったものの疑問符がたくさん。人を見ると愛嬌を振りまく超ネアカの犬。WSの営業部長で来場された方は、まずケインからの熱烈なキスのプレゼントがあります
ミュー
日本猫雑種 / メス
ルナと同じ3歳だが1カ月だけ年上。福島生まれのキジトラ。ギリシャ神話の芸術・音楽を司る女神たちをミューズと言うので、短縮してミューと命名。ルナとは性格が正反対で、幼い頃は控えめでいつもルナの蔭に隠れていた。
リアン
日本猫雑種 / オス
外乗で馬がボロで止まった時、墓標の陰から「ミャー」と鳴きながら出てきたのが運命の出会い。目に涙を溜めて、くしゃみをしながら足にまとわりつくのでクラブへ連れてきた。年上のお姉さん猫や犬のケインにも臆せず、クラブハウスをでかい態度で歩き回る大物。愛くるしい仕草で人の足をよじ登り膝の上で眠りこける。名前のリアン(Lien)は仏語で絆という意味
ベ ガ
日本猫雑種 / メス
会員の家の納屋で生まれた4匹のうちの一匹。 全身を覆う白い毛の頭にあるグレーのハート模様がトレードマーク。か細い声でニャーニャーと泣き、一躍人気者の座を独り占め。1か月先輩のリアン兄さんが生きる術を毎日伝授して日々逞しく育っている。
ルナ
日本猫雑種 / メス
茶トラで顔に流れる白い毛が月の形に見えるので月の女神にちなんでルナ。クラブハウスの住人で所狭しと駆け回り、テーブルの上で横たわったり、人のジャンパーの胸の中に入ったりと茶目っ気たっぷりなWSの妖精。狩の収穫のネズミ・モグラ・トカゲ・鳥を見せびらかして、一番のお友達のケインにあげるので困ったもの。ケインとご飯を一緒に食べたり、ケインのお腹を枕代わりに寝たりと小さくて愛らしいエンターティーナー。
バニラ
日本猫雑種 / メス
20歳まで生きたパロの後釜に地元の愛猫家からもらいうけた。リアンと似た毛色だがグレーが濃く顔に白い流星がない更に、お洒落なピンクの首輪(実は蚤採りバンド)がお似合い。名前のバニラはアイスクリームではなく、ラン科の植物の名で
その花言葉は永久不滅。
アイス
アメリカンショートヘア*シャム / オス
バニラを動物病院へ連れて行った時、母親を交通事故で亡くした里親探しのネコと偶然にも目が合い、その愛らしさに負けて知らないうちに抱きかかえていた。バニラの良き遊び仲間としてすぐに意気投合し我が家のチビッ子ギャング・コンビが結成。とにかく人が大好きで、片時も傍から離れない。その天真爛漫さは他のネコの追随を許さず、名前は相方のバニラに呼応するようにアイスと命名。


閉じる